季節はずれの暖かさで原因不明の痒みに襲われました

user308/ 2月 14, 2017/ 生活

10月に入ってだいぶ肌寒く感じられるようになってきたので、そろそろ衣替えをしようと冬のスーツを着て出勤することにしました。

やっぱり冬のスーツは暖かい、衣替えしてよかったなあ、と思っていたのもつかの間。気温が一転して夏日となる日が続いてしまいました。こうなると困るのは会社に着ていく服です。

夏のスーツはクリーニングに出してしまったので、暑いけど我慢して冬のスーツにするしかないのです。

仕事は外回りをすることが多く、だいだい朝の仕事を終えてから外出します。太陽がのぼるにつれて、気温も高くなっていきます。

保温性の高い冬のスーツなので、体から汗が吹き出てきます。汗のためズボンがべったりと太ももにくっついて、気持ち悪くなるのを我慢しながら午前中の仕事を終え、ランチをしようとひと行き着いたとき、左足のももにかゆみを感じました。

「あ、かゆい。」そう思ってズボンの上から指の爪で掻きました。2?3回掻くと痒みが収まり、「ああやれやれ」と思い、「何を食べようか」と考え出しました。そうだ、近くの中華でチャーハンを食べようと思って、その店の方にあるき出した瞬間に、また同じところが痒くなりました。しかも、さっきよりも倍ぐらい痒いです。ボリボリとズボンの上から掻きますが、掻いても掻いても痒みは収まりません。

あんまり掻くと肌に良くないんだよなあ、と思いながらもお店に入り、チャーハンを注文しました。チャーハンが来て、さあ食べようと思うと、また痒みが襲ってきました。今度は別の場所が痒くなりました。今後は腿の裏側、椅子とももが接する部分が痒いのです。しょうがないので、手をその部分に当てて掻きながらチャーハンを食べました。他の人から見ると変な格好であったと思います。

痒みが限界に来たので、お店のトイレを借りることにしました。

トイレに入り、ズボンをずり下げて、痒いところを見ると、1センチほど赤く腫れて盛り上がっていました。ちょうど蚊に刺されたような感じです。季節外れの蚊に刺されたのかな、と思いましたが、いやいやズボンの中なので蚊に刺されることはないしなあ、と思いました。結局よくわからず、薬局でかゆみ止めを購入して、コンビニのトイレを借りて薬を塗りました。

10分ぐらい立ってから薬が効き始め、ようやくかゆみがなくなりました。午後からの仕事も問題なく終えて、帰宅ということになりました。

自宅に戻りお風呂から出たあと、一日の疲れを癒やすためにビールを飲んでいたら、またかゆみが出てきました。どうやら、体が暖かくなって血行がよくなるとかゆみが出るようです。

そう確信し、冷凍庫からガチガチに凍ったアイスノンを取り出し、痒いところに当てるとウソのように痒みが引いていきました。夜中に痒くなると嫌なので、その日のよるはアイスノンを足に巻いて寝ることにしました。

季節はずれの暖かさに翻弄された一日でした。もう痒みは出てきませんが、今から考えると、あの痒みはなんだったんだろうと思います。

http://tamanegisarasara.com