ここまで違う!?クリーニングのチェーン店と個人店

user012/ 4月 20, 2017/ その他

近所にたいてい一店舗は見かけるクリーニングのチェーン店と個人店ですが、両者の違いというと、何となくチェーン店は安くて、個人店は丁寧、というイメージがあります。実際は何がどれ位違うのでしょうか。両者それぞれの特徴を比較してご説明します。チェーン店は様々な地域に店舗を構えており、各店舗から集めた衣類を大型工場で一括処理していることが最大の特徴です。大量処理のメリットとして、①:受付から仕上がりまでの日数が短いこと。②:クリーニング時の料金が個人店と比べ安めに設定されていること、などが挙げられます。最近では「午前11時までに出したら、午後5時に仕上がる」というスピード感で対応してくれるところも増えています。また、営業時間が22時までと遅くまで対応してくれたり、預け先と受取先を変更できるお店もあります。立地的にもたいてい駅前や人通りが多いところに店舗があるので、わざわざ出向くのではなく、帰宅途中などの際に気軽に立ち寄れます。なので、たとえば不規則で忙しい社会人の場合、こういうチェーン店の存在はとても有難いかと思います。一方、チェーン店の場合、最新技術を積極的に取り入れることで品質を保っていますが、やはり大量・定型処理を行なう以上、服一着ずつの仕上がりの品質に対する細やかさまでは実現が難しいようです。また、最新技術とはいえ、機械である以上仕上がりのムラが生じる場合もあります。よって、チェーン店に預ける服は、特殊なデザイン、素材、ハイブランドの衣類よりは、少しくらいの汚れは構わないような普段着やワイシャツ、スーツなどが向いているかと思います。個人店は受付から仕上げまでを少人数で一括して店舗内で行なっています。ですので、お店によって品質や料金設定にバラつきがありますが、お店のブランド力がない分、きめ細やかなサービスと高い技術力で信頼を得ているお店が多いようです。受付の際に聞いた要望を積極的に取り入れてくれたり、依頼主でも気付いていなかった汚れを見つけてくれたりと、仕上がりの満足度は比較的チェーン店よりも高いです。仕上がりまでのスピードはチェーン店に比べると少し劣りますが、服一着ずつに労力をかけるため、複雑な素材についた汚れを取り除く場合や、高品質な仕上がりを望む人は、チェーン店よりも個人店を利用する傾向にあります。いつも着回している衣類というよりは、むしろ長く大切に着たいと思っているものに関しては、安さやスピードより品質にこだわってくれる個人チェーン店に預けるといいかもしれません。上記のようにチェーン店と個人店の比較をしましたが、実際はチェーン店でもかなり良質な仕上げをしてくれるところもあれば、個人店でも安く早く対応してくれるところもあったりします。ただ傾向としてはやはりスピードと安さを求めるのであればチェーン店、高品質な仕上がりと良質なサービスを求めるのであれば個人店を選択する人が多いようです。特に個人店の場合は、さらにお店ごとにバラつきがあるので、事前にしっかり看板やちらし、ホームページなどで確認することが大切です。生活スタイルや預ける衣類、また予算に合わせて上手にチェーン店と個人店を利用することで、ストレスやトラブルを減らしていきましょう。
仕事帰りやお風呂上りに飲むビールは「最高においしい」と言われています。
「ビールがおいしく飲めるのは、居酒屋だけ」と思っている方が多いと思いますが、自宅でもおいしく飲むことができることをみなさんご存知でしょうか? おいしく飲めるか否かは、注ぎ方次第で決まるそうです。

注ぎ方のポイントは、グラスに一気にビールを注ぐのはなく、口当たりがまろやかになり、おいしく飲める3回に分けて注ぎ入れることです。

さらに、おいしく飲むためには、ビールの風味が落ち、品質まで下がってしまう原因となる冷やしすぎにも注意することが大切です。
程よい温度で飲むこともおいしくビールを飲む秘訣です。

注ぎ方と温度に注意したおいしいビールで晩酌はいかがでしょうか?

 

http://www.danjutsu.com/