イヌネコファッション―犬も服を切る時代になりました

user334/ 5月 14, 2017/ 生活

ペットブームだといいます。独立した構えのペットショップだけではありません。大型スーパーなどにもペットショップが入っています。それだけペットを求める人も多いということなのでしょう。

多いのがイヌ。最近は室内犬が多いようです。ショーケースには、チワワ、シーズー、トイプードル、パグ、マルチーズなどの小型犬、それも可愛い盛りの小さな子犬が入っています。一人暮らしの女性や、お嬢さんを連れたお母さん、子育ても一段落した感じのミセスなどが良く購入していくそうです。以前は犬を飼うといえば本当に犬を飼うこと自体が目的だったように思います。従って、一般の家庭では番犬を兼ねた庭での飼育が普通でしたよね。ところが最近は、室内飼育が増えているそうです。番犬などというより、同居人です。犬との付き合いもより家族的になり、飼い主さんと飼い犬の絆はとても強くなっているそうです。そんなこともあって、もうペットなどと言わずに伴侶動物と言うとのこと。そんな関係になると、犬にも服を着せたくなるのが人情のようです。最近は公園などで散歩する犬でも服を着ているのを時々見かけます。お店に入っても犬を抱っこしている人を見かけるようにもなりましたが、その犬は大概服を着ていますね。もっともこの場合、毛が飛び散らないように配慮してのこともあるようですが・・・この前スーパーに行ったとき、ペットコーナーの近くに小さな服が沢山並んでいました。以前はあまり気にもしていなかったのですが、なんだろうと思って見てみました。なんと犬用の服売り場でした。生地といい、服の型といい多種多様です。手にとって見ると結構可愛いらしいのも多いです。でも小さな服の割には結構値段も高い。ふだん自分用に買う服よりも高いのが多いくらいなのでびっくりしました。時には服を着た犬のファッションショーが行われることもあるとか聞きました。犬の世界もずいぶん変わったものです。いつの間にか、もうそういう時代になっているのですね。
ワークライフバランス